汎用グループ

 

このトピックでは、汎用グループをとりあげて説明します。

汎用グループのロード

トランザクションやレポートプログラムを実行すると、新規内部セッションが開始されます。内部セッションには、プログラムとそのプログラムのグローバルデータを含むメモリ領域があります。
汎用モジュールを呼び出すと、汎用グループのインスタンスとデータが内部セッションのメモリ領域にロードされます。
一つの内部セッションに同じ汎用グループが2回ロードされることがありません。

汎用グループのグローバルデータ

スコープ
汎用グループの汎用モジュールを通してアクセスするしかできません。
ファイルサイクル
内部セッションが完了するまでに常に有効です。

ABAPプログラム名

汎用グループのABAPプログラムは「SAPL」+汎用グループ名となります。

ログインするとコメントできます。