プログラムのタイプ

SAPが標準で用意した各モジュールやアドオンとして開発された各アプリケーションは、すべてSAPのプログラムとして、アプリケーションサーバのワークプロセスに対して、 アプリケーションサーバ内で実行されます。

 

ABAPプログラムには以下のプログラムタイプがあります。

  • TYPE 1: 実行可能プログラム
  • TYPE M: モジュールプール
  • TYPE F: 汎用グループ
  • TYPE K: クラスプール
  • TYPE J: インタフェースプール
  • TYPE S: サブルーチンプール
  • TYPE T: タイププール
  • TYPE I: インクルードプログラム

WebDynproは、処理ロジックを記述するにクラスプールとインタフェースプールを利用してるため、
新たなプログラムタイプの追加はありません。

ABAPプログラムの概説は、以下のリンクからご参考くださ。









ログインするとコメントできます。